SERVICE

取扱い事件

相続

ご自分が築いた財産を家族にどのように引き継がせるか、
故人が残してくれた財産をどのように分配するかといったお悩みは、
だれもが最期の時を迎える以上、だれにでも起こりうる問題です。

生前の相続対策として遺言書の作成や、相続発生後に生じた
遺産分割トラブルなどに対して弁護士は適切な法的助言と対応が可能です。

特に相続発生後の相続放棄や遺産分割の問題のなかには、
法律上期間の制限を受けるものもありますし、
時間の経過とともに対立が深まってしまうこともありますので、
相続問題が生じた後には、できる限りお早めにご相談ください。

取扱内容の具体例

  • 遺言を残しておきたいが、どのように書けばよいのかわからない。
  • 同居して面倒を見てくれた子に財産を全部残してあげたい。
  • 遺言を書いたが、遺言の内容をめぐって子供たちがケンカしないか?
  • 親の遺言が見つかったが、どうすればいいか分からない。
  • 親の遺言が見つかったが、親が書いたものではないような気がする。
  • 親の遺言が見つかり、「兄にすべて相続させる」という内容になっているが、私はもらえないのか?
  • 私は亡き父と一緒に家業をして、父に尽くしてきたが、ほかの兄弟と同じ分だけしかもらえないのか?
  • 相続について、兄弟間で話がまとまらない場合、どうすればいいのか?
  • 親には多くの借金があるため、相続したくない。
  • 身寄りのない近所のおじさんの世話をしてきたが、おじさんが亡くなり財産があることが分かったが、その財産はどうなるのか?

手続や解決方法

  • 遺言書の作成(自筆証書遺言・公正証書遺言など)
  • 遺言執行
  • 遺言書検認申立
  • 相続放棄申述受理申立
  • 遺産分割協議
  • 遺産分割協議書作成
  • 遺産分割調停・遺産分割審判申立
  • 遺留分減殺申立
  • 寄与分を定める申立
  • 遺言無効確認訴訟
  • 遺産の不当利得返還請求 など

弁護士費用の参考例

1. 遺言書作成 10万円~(税別)

※対象となる遺産の評価、定型か非定型か等によって費用が決まりますので、ご相談時にお問い合わせ下さい。

2. 遺産分割協議 30万円~(税別)

※対象となる相続分を基準に着手金が決まりますので、ご相談時にお見積りします。
また、委任事務処理の結果、遺産分割が成立した場合には、得られた経済的利益を基準に
成功報酬金をお支払いいただきます。

一覧に戻る